保障の見直し   〜保障の見直しは誰のためか、そして何から始めるか〜


保障の見直しを勧められたことがある方は少なくはないと思います。
契約している保険会社の担当者からであったり、またはその競争相手である保険会社の営業マンであったり、保険に詳しい友人から勧められることもあるでしょう。
最近は見直しを勧めるFPや保険代理店のウエブサイトも多くなってきたようです。

見直したほうがいい、と言われて「私の保険は色々と研究し、良く考えてて選んだから大丈夫」と自信をもって言い切れる人が一体どれほどいるでしょうか。 少なくともサラリーマン時代の私自身などは全くダメでした。 自分の保険の内容など本当に何にも分かっていませんでした。
見直したほうがいいと言われて急に不安になって、どこかの保険会社でパンフレットを貰い、帰宅して保険証券を引っ張り出した方もおられるかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。
保障の見直しは、加入している保険種類の分析や保険商品自体のよしあしの判断から始まるものとは限りません。 万一の場合に対するご自身の考え方や気持ちを確認する事、その後の家計の状況見通しを再確認することがまず第一歩ではないでしょうか。
生命保険の基本機能を理解し、ライフプランの一環としての保険の位置づけが、ご自身にとってはどんな意味を持つのか、どんなリスクがあって、どんな時にどのように困るのかをじっくりと確認する事から始めるべきではないでしょうか。

その上で、具体的な生命保険の加入目的と実際に加入している保険の保障内容が合っているかどうかということを見直していくことが基本です。
したがって見直しの方法もその結果も、一人一人違ったものになるはずなのです。
ご自身の考えに沿った保険の形をみつけるために、まずはご自身で生命保険の基本について少し勉強してみては如何でしょう。

営業マンの見直し提案をそのまま受け入れるのではなく、お勧めの新商品をよく吟味もしないで契約してしまうようなことがもしあるなら、それはおそらく有効な見直しとは言えないでしょう。
あくまでもご自分の考えで、ご自分の感性で保障の見直しを実行しましょう。
ご自身とご家族の大切な未来に関わる重要な事柄なのですから・・・・。

 独立ファイナンシャルプランナーの意見を聞いて保障を見直してみたい方
         ⇒FP相談を検討する