生命保険の考え方
”木を見て森を見ず”の例えのように、細かいところばかりに眼を奪われて
しまっていると、時として本質を見失ってしまう事があります。
保険商品の詳細の比較検討の前にそもそも論について考えてみませんか。



生命保険の役割
  〜そもそも生命保険とはなにか〜

相互扶助の精神
生命保険は、大勢の人が公平に保険料を負担しあい、いざというときに給付を受ける、大勢の人による「助け合い」、「相互扶助」の仕組みで成り立っています。
契約者の支払うお金が自分の利益追求のみに遣われる訳ではないというところが、他の金融商品とは基本的に異なる生命保険独自の性格といえるでしょう。


死亡や病気・ケガへの備え
日常生活の中には、様々なリスクが潜んでいます。
死亡や病気、ケガなど予期しないできごとで経済的に生活が困難になったり、思い描いていた生活が実現できなくなったりすることがあります。
このようないつ起きるかわからないけれども、いったん起きるとまとまったお金が必要となるような場合に備えておくのが生命保険なのです。


将来のための資金の備え
また、生命保険は将来に必要となるお金を、必要な時期や目的にあわせて準備する手段としても利用することができます。

このように、生命保険は自分や家族を守る「生活保障」の手段です。
手段であるからには、まずは目的をしっかりと把握する事が必要です。
自分や家族に必要な保障内容を確認し、目的に合った保険種類を選んで契約することが大切です。
加入する保険商品を選ぶ際には、家族構成や将来の生活設計に照らし合わせて、次のような点をチェックすることが重要です。

○自分や家族の保障ニーズに対して保険種類は適切かどうか
○保障を必要とする期間がカバーされているかどうか
○保険金や給付金の額は適切かどうか
○保険料額は家計全体に照らして適切かどうか

正しい知識を身につけて上手に生命保険を活用して頂きたいと思います。
詳しくは「生命保険の基礎知識」をご覧下さい。

とりあえず、相談してみてからとお思いなら ⇒ FP相談を検討する